忍者ブログ

ふかみどり ブログ

ふかみどりの個人の活動やらHP更新情報やら近況やら

NEW ENTRY

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/20/02:33

キムネクマバチ いきもの大図鑑No.005~006

blog18.jpg







No.oo5 キムネクマバチ(Xylocopa appendiculata circumvolans)
フジの花房を行ったり来たりしてる
なかなか大きな体のハチです。
ブーンって羽音も知らない人には
迫力があるようで怖いハチだと思ってる方もいるのでは?
実際はかなりおとなしく
人を刺すようなことはほぼありません。
と言うより人に興味が全くなさげです。
このクマバチは体に対して羽が小さ過ぎる為
長年航空力学的に飛べるはずがないとされていました。
もちろん、このハチは飛べます。
飛べないはずなのに飛べる、
不可能を可能にするいきものとして
シンボル的な扱いを受けることもあります。
「飛べないことを知らないから、
 飛べると信じているから飛べるんだ」
などと洒落た言い回しをされることもあります。
ちょっと臭いんですが、こういうの好きです(笑
現在はレイノルズの法則という考え方で
クマバチが飛べることはちゃんと証明されています。
これは羽を体の上下で打ち合わせる際に乱気流を生じ、
進行方向と逆方向に働く抵抗が少なくなるとしたものです。
物理は苦手なんで間違っていたらすみません。
人類の科学ってすごいなと思う反面
いっそのこと解明されなかったらよかったのに
なんて考えてしまったりもします。
だって「思い込みの力って、信じるってすごいんだ」
ってことにしておきたいじゃないですか。

No.006 ノダフジ(Wisteria floribunda)
マメ科の蔓性木本植物で
日本にはこのノダフジとヤマフジの
2種類の固有種があって
それぞれ蔓の巻く向きが逆になります。
ノダフジは花房がヤマフジよりも長く
名所になっている多くはノダフジだと思われます。
今はもう既に豆果が大きくなってきています。
なんでも食べられるとか・・・
これは試してみるしかありませんね(^^)
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら